普通のオジさん(47才)のちょっと変わった日常

メイド服キャンディフルーツなどを運営している普通のオジさんが日々、思うことをつづっています。

わかりやすい敵が必要だ

 

最近、集中力が減退しているような気がする。

 

30代までは朝から夜まで仕事しても、週に6日は仕事できたんだけど、最近、一日10時間以上お仕事すると、次の日のパフォーマンスが著しく落ちるのを感じる。

 

となると、仕事の効率や生産性を上げる。といったいわゆる「濃い時間」をいかにして作り出すことができるかという着眼点が必要なわけだが、どういうわけか全く生産性が上がらない。

 

昔は1時間で出来た作業が2時間、3時間かかる。

 

これが加齢ということなのか!!

 

という現実を味わっている、ここ最近のわたくし。

 

さて、これからどうしたものか。

 

一つの対策として「ライバルを作る」という視点に注目してみたいと思う。

ライバルを意識的に作ることは「目標を作る」と同じように感じるが、それは違う。

 

目標は一度決めたら3か月とか半年ぐらい変わらない、止まった標的だけど、ライバルは位置を変えたり、変身したり変化していろんな事をしてくるので「そうきたか」と、闘志が燃えるからね。

 

仕事を推進するためには、わかりやすい敵が必要だと思う。

 

それともう一つ、こまめな報酬も必要だと思う。

一作業終わったらチョコレートをもらえる。

とかね。

 

なんだろう。

どうすれば今あるタスクをスムーズにリズミカルに終わらすことができるのか。

 

試行錯誤はつづく・・・