読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、東京、飛行機での往復生活|46歳オジさんの単身赴任日記

東京で生まれ育ち、東京以外で暮らしたことのない46歳のオジさんが、半年ほど神戸で単身赴任することになった神戸での滞在記です

いろいろ考えてみると、やはり世界に向けて売るしかないんだよね

例年、この時期は、4月(来期)からの事業計画について、ぼんやりと考える期間になります。

 

商売をする上で、商品の付加価値を作り出すことが一番難しいことなんですよね。

 

みんなと同じ商品を仕入れて売る。メーカーや問屋から仕入れて売る。

というスタイルで商売をするのは、もう絶望的。

大きな資本で大量に安く仕入れて最安値で販売する大手企業との争いになるから、先がない負ける商売なんですよね。

 

起業当初からそれに気付いて、自社商品で勝負するメーカーになるために努力をしてきました。

 

起業してから17年間。

いろいろな人たちの助けを受けて、

『ここでしか買えない商品』

という、メーカーとしての付加価値をニッチ市場で作り出すことに成功したわけで。

だから、なんとか17年も生き残ってこれたわけで・・・

 

ここ数週間、今後の15年、楽しみながら商売をやっていくには、どうすればいいのか?ということを、ずっと考えていました。

 

いま46歳の私が、これまで培った商品という資産を生かしながら、今後、15年の商売をどうやって進めていこうかと思うと・・・やっぱり世界に向けて、自社でしか買えない商品を世界に向けて販売していくことに注力してゆくしかない。ということになるんですよねぇ。

 

ということは、やっぱり英語版のサイトを充実させて、

海外でリスティングやリタゲをしながら注文をとっていく。というところに注力するのが一番正しいのかなぁ~、なんて、考えています。

 

毎年、2月はこんなことをあーだこーだと、ぼんやり考えながら、3月にまとめて、4月から年明けまで走る。

 

そんな17年間でしたね。

 

これからの15年も、きっと、そんな15年になるんでしょーねー。