読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通の46歳オジさんのちょっと変わった日常

メイド服キャンディフルーツ、撮影会、ECコンサルタントをしている普通のオジさんが日々、思うことをつづっています。

わたし、いま、初心に帰っているような気がする

今日は一日中、家から一歩も出ませんでした。

丸一日どこにも出かけなかったのは、神戸に来てから初めてかもしれません。

 

神戸の住まいは、コンサルティング先の会社さんに用意してもらった社宅なんですが、朝日が入る、南向きの明るいワンルームで気に入っています。

 

一日中、パソコンの前でラジオを聴きながら作業したり、本を読んでいたりして、ふと思ったのですが、この感じ・・・

起業当初の生活パターンと似ているなぁ、と、思いました。

 

起業後すぐに入ったオフィスは、30階建てのビルの中にあるインキュベーションオフィスで、審査にたまたま合格して入居した、とても眺めのいいオフィスでした。

窓が東側にあって、朝日が綺麗に見えるオフィスでしたね。

 

脱サラした創業当初は、業界の知り合いも、友達も一人もいなかったので、朝、8時ごろ出社して、夜の11時ごろまで、誰ともしゃべらずに一人で黙々とひたすら、ずーっとホームページを作っていました。もう17年ぐらい前の昔ばなしです。

 

豪華な受付ロビーや会議室やプリンターなどが完備されていて、今考えてみると、とても恵まれた環境での起業でしたね。

 

それで、今日、一人で作業をしていて、その起業したての頃の雰囲気を思い出して、

確かこんな感じだったよなぁ、あの頃も・・・

 

なんて、思っちゃいましたよ。

 

そして気付いたのですが、

これって私、いま、初心に帰っている、ってことなんじゃないですかね?

 

経営の本とか読むと、みんな

「初心に帰れー、初心に帰れー」

って書いてありますよね。

 

期せずして、初心に帰れた私。

 

さてさて、これから何をするんでしょうかね?