読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、東京、飛行機での往復生活|46歳オジさんの単身赴任日記

東京で生まれ育ち、東京以外で暮らしたことのない46歳のオジさんが、半年ほど神戸で単身赴任することになった神戸での滞在記です

お客さんの20倍こだわろう!

神戸に住むようになってから、早くも2か月が経ちました。

だいぶ、お仕事をする下地が整ってきて、業務に集中できる環境が出来上がってきました。嬉しいですね。

 

この2か月間で、新サイトがほぼ完成したのですが、

新しいサービスや商品を世に出すには、商材への強いこだわりがどーしても必要なんですよね。

強いこだわりや過剰な集中の期間を経て、新しいサービスは世の中に誕生するものなんだと思います。

 

どういう表現が適切なのか不明ですが、尋常じゃないこだわりというか、狂おしいまでの偏愛というか・・・

 

そういう過剰な商材へのこだわりがないと、新しいサービスは立ち上がっていかなし、上辺だけ体裁を整えてリリースしたとしても、お客さんには「薄っぺらいな」と、気付かれてしまうものなんですよねぇ~。あれ、とっても不思議ですよね。なんで伝わっちゃうんでしょうかね・・・

 

どうやら私が観察したところ、少なくともお客さんの20倍ぐらいは商材にこだわってサイトを作らないと、お客さんから見て許容できるサイトの作りにはならないみたいなんですよね~。

 

お客さんから選ばれるようになる、って、大変な事なんですよねぇ~。

 

でもでも、いま急に思ったんだけど、

仮に恋愛に例えるならば、イケメンだと特に努力することもなく彼女をゲットできるのに、普通の人だと人柄とか誠実さだとか、お顔以外の何かプラスアルファが求められるじゃないですか。

 

ということは商品なりサービスなりでも、イケメンみたいに、この世にリリースされた瞬間、あっという間に多くのお客さんに支持されるものなんて、あり得るのだろうか・・・

 

こっちは、何か別の付加価値が必要だぞ!とか、もっと綺麗な商品画像じゃなきゃ伝わんないよ!なんて、あーだこーだこだわってやっと選んでもらえるのに、ただ「そこに突っ立ってるだけ」で女性に選ばれるなんて、なんだか急にイケメンが、この世のすべての弱肉強食サイクルの頂点に君臨してるような気がしてきた。

 

すげーなー、イケメンは・・・