普通の47歳オジさんのちょっと変わった日常

メイド服キャンディフルーツなどを運営している普通のオジさんが日々、思うことをつづっています。

海岸

昨日、神戸の住まいから歩いて20分ぐらいのところに水族館があるって気付いたので、行ってみました。

 

そしたら、水族館はちびっこ達でいっぱいだったので、中には入らず裏に回ってみたら、海岸線があってビックリ!

 


f:id:cassis-cassis:20170220200045j:image

 

明石海峡大橋と淡路島が見える。

 

ボンヤリ海岸を眺めてたら歩きたくなって、海岸線の反対側まで歩いちゃった。

 


f:id:cassis-cassis:20170220200323j:image

 

左の尖った屋根が水族館。

 

ゆるゆる歩いてたら、3両の電車が走ってたので電車に乗って垂水というところまで移動。

 

垂水は、昭和がそのまま保存されたようなレトロな商店街があり、ノスタルジックな雰囲気、満載の街でした。

 

散歩好きには、行くとこ全てが初めて行く場所って最高ですよね。

 

海岸線は、短い電車も走ってて鎌倉っぽいんだけど、銘菓と江ノ島みたいな観光地があればなおいいのになぁ、と思いましたね。

 

ても、いいところですね。

気に入りました。

昨日のTwitterビジネス活用セミナーの復習と自分への約束!

せっかくセミナーに参加したのに、書いておかないと忘れちゃうからね。

 

SNSサービスに月に一度はログインするアクティブな会員数は、

 

Twitter→4000万人

フェイスブック→2700万人

インスタグラム→1800万人

 

とのこと。

へー、Twitterそんなに使われてるんですねー、って感じ。

 

キャンディフルーツのお客さんは、基本、フェイスブックにはいないんですよね。

フェイスブックは実名で、会ったことのある知り合いとのつながりがメインだから、フェイスブックで、

「メイド服買っちゃった!ウホ!」

って、書き込みしてもらって拡散することって、ほとんどあり得ないことなので。

やはり、SNSでの広告は匿名のTwitterとインスタグラムを中心に展開していった方がいいと思うんですよね。

 

セミナーでは、タイムラインを見る視線の動きを可視化して紹介してくれて、記事投稿のアドバイスとして

 

一行目→キャッチーなテキスト

二行目→画像

三行目→紹介文やリンク挿入

 

という感じで、トレンドワードを入れたりして投稿を重ねていけば、いつか大きく拡散する可能性が高い記事がでてくる。

とのことでした。

 

広告アカウントの開設で最大のメリットは、

画像の下にテキストが入れられて、画像をタップすると自社商品URLにリンクできる設定ができる。ということでした。

 

これ、即やらないといけませんね。

とても有利な機能なので、やります。

 

広告の出稿方法は、リスティング広告とほとんど同じだと感じました。

キャンディフルーツの場合は、エリアマーケティングが完了しているので、買ってくれる人が住んでいる地域だけをセグメントして、キーワードはフレーズ一致、除外キーワードを多めに盛って広告を配信してみたいと思います。

 

月曜までにやる。

必ずやる!

なんて読むか知ってる?

神戸に戻ってきています。

 

今日はTwitter主催のセミナーがあって、大阪に来ています。

 

セミナーが始まるまで時間が少しあったので、セミナー会場の近所を散歩していたのですが、主に関東在住の皆さん!

 

↓この漢字、なんて読むかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

答えは

 

 

 

 

うつぼ

 

って読むんですよ!

 

靭公園という大きな、感じのいい公園があったんですが、靭という文字が読めなかった!

 

とても感じのいいエリアで雰囲気が気に入ったので、もし、大阪で暮らすことがあれば、靭公園の近くに住みますね。私なら。

 

Twitterのセミナーはとても分かりやすかったので、さっそく実践してみようと思います。

神楽坂

早稲田でのキャンフルフォトクラブ撮影会が早めに終わったので、神楽坂を散歩しています。


f:id:cassis-cassis:20170212160647j:image

 

神楽坂に来ると入るキャフェでコーヒーを飲んでいっぷく……

 


f:id:cassis-cassis:20170212160757j:image

 

坂のある街。

数年ぐらいなら住んでみてもいいかな、って思う街です。

東京に戻ってきています

この週末は東京に戻ってきています。

 

東京にいると、ゆっくり何かを考えたり、考えた事を実行する時間を確保することがとても難しいんだな、と改めて感じています。

 

想いを形にするためには、ひとりの時間を確保することがとても大事なんだな、って気付きました。

 

上手にひとりの時間を確保しながら、仕事や人生を充実させていければいいな、と思っています。

いろいろ考えてみると、やはり世界に向けて売るしかないんだよね

例年、この時期は、4月(来期)からの事業計画について、ぼんやりと考える期間になります。

 

商売をする上で、商品の付加価値を作り出すことが一番難しいことなんですよね。

 

みんなと同じ商品を仕入れて売る。メーカーや問屋から仕入れて売る。

というスタイルで商売をするのは、もう絶望的。

大きな資本で大量に安く仕入れて最安値で販売する大手企業との争いになるから、先がない負ける商売なんですよね。

 

起業当初からそれに気付いて、自社商品で勝負するメーカーになるために努力をしてきました。

 

起業してから17年間。

いろいろな人たちの助けを受けて、

『ここでしか買えない商品』

という、メーカーとしての付加価値をニッチ市場で作り出すことに成功したわけで。

だから、なんとか17年も生き残ってこれたわけで・・・

 

ここ数週間、今後の15年、楽しみながら商売をやっていくには、どうすればいいのか?ということを、ずっと考えていました。

 

いま46歳の私が、これまで培った商品という資産を生かしながら、今後、15年の商売をどうやって進めていこうかと思うと・・・やっぱり世界に向けて、自社でしか買えない商品を世界に向けて販売していくことに注力してゆくしかない。ということになるんですよねぇ。

 

ということは、やっぱり英語版のサイトを充実させて、

海外でリスティングやリタゲをしながら注文をとっていく。というところに注力するのが一番正しいのかなぁ~、なんて、考えています。

 

毎年、2月はこんなことをあーだこーだと、ぼんやり考えながら、3月にまとめて、4月から年明けまで走る。

 

そんな17年間でしたね。

 

これからの15年も、きっと、そんな15年になるんでしょーねー。

 

わたし、いま、初心に帰っているような気がする

今日は一日中、家から一歩も出ませんでした。

丸一日どこにも出かけなかったのは、神戸に来てから初めてかもしれません。

 

神戸の住まいは、コンサルティング先の会社さんに用意してもらった社宅なんですが、朝日が入る、南向きの明るいワンルームで気に入っています。

 

一日中、パソコンの前でラジオを聴きながら作業したり、本を読んでいたりして、ふと思ったのですが、この感じ・・・

起業当初の生活パターンと似ているなぁ、と、思いました。

 

起業後すぐに入ったオフィスは、30階建てのビルの中にあるインキュベーションオフィスで、審査にたまたま合格して入居した、とても眺めのいいオフィスでした。

窓が東側にあって、朝日が綺麗に見えるオフィスでしたね。

 

脱サラした創業当初は、業界の知り合いも、友達も一人もいなかったので、朝、8時ごろ出社して、夜の11時ごろまで、誰ともしゃべらずに一人で黙々とひたすら、ずーっとホームページを作っていました。もう17年ぐらい前の昔ばなしです。

 

豪華な受付ロビーや会議室やプリンターなどが完備されていて、今考えてみると、とても恵まれた環境での起業でしたね。

 

それで、今日、一人で作業をしていて、その起業したての頃の雰囲気を思い出して、

確かこんな感じだったよなぁ、あの頃も・・・

 

なんて、思っちゃいましたよ。

 

そして気付いたのですが、

これって私、いま、初心に帰っている、ってことなんじゃないですかね?

 

経営の本とか読むと、みんな

「初心に帰れー、初心に帰れー」

って書いてありますよね。

 

期せずして、初心に帰れた私。

 

さてさて、これから何をするんでしょうかね?