普通の47歳オジさんのちょっと変わった日常

メイド服キャンディフルーツなどを運営している普通のオジさんが日々、思うことをつづっています。

テレビジョン

昨日、久しぶりにボンヤリとテレビを見た。

ネットで

「最近のテレビはつまらなくなった」

という論調の記事を見るけど、久しぶりにボンヤリとテレビを見ていた一視聴者として感じたことは、

 

「テレビは昔とぜんぜん変わっていないなぁ」

 

という感想だった。

 

たぶん、作り手とかは一生懸命考えてテレビ番組を作っているんだろうと思う。

だけど、他の媒体に優秀な人たちが流れて行ってるのかもしれない。

久しぶりに見たテレビは、昔とほとんど変わり映えしない感じだった。

 

映像の送り手たちにとって、テレビじゃないフィールドの方が面白いことになってるんじゃね?というコンセンサスが、もしかして出来上がっているのかもしれない。

 

それぐらい昔と変わっていないテレビと、面白くなっていくウェブ媒体。

 

どちらが勝つのかは、子供たちの視聴時間を見ていれば、おのずと見えてくる。

 

うちの子の例で言うと、8対2ぐらいの割合でネットを多く視聴しているように思える。

 

私が子供の頃はメディアの選択肢がテレビしかなかったけど、選択肢が増えていく世の中というのは、過渡期にはいろいろとあるんだろうけど、基調としては良くなっていくんじゃないかなぁ、と思ってみたりしました。

それにしても便利になったもんだなぁ

東京で暮らしていると便利だなぁ、と改めて思いますね。

 

お腹が空いたら、コンビニで弁当を買ってすぐに食べられるし。

 

ゴミが溜まったら、コンビニでゴミ袋を買ってすぐに出せるし。

 

お酒が飲みたくなったら、コンビニで買ってすぐに飲めるし。

 

東京に限らず、日本中で便利なんでしょうね。

 

こんなに便利な世の中になっちゃったんだから、若い時の苦労は買ってでもせよ。

なんて言われても若者は、「は?」って思うだけですよね。

 

生活の前提条件がね、昔とは大違いなんですよね。

 

先日、屁理屈な私の同年代の友達と話したんですが、

「こんなに便利な世の中になってしまうと、かえって不安になるよなぁ」

なんて言ってたのですが、もうね、便利になった世の中に素直に乗っかっちゃった方がいいと思うんですよね。

 

便利になった世の中を楽しむ。

それだけじゃダメなんでしょうかね。

 

私は素直に便利になったこの世の中をスーイスイとね、楽しみながら生きていきたいと思っています。

 

長谷寺

今日はキャンフルフォトクラブの進行管理で、鎌倉の長谷に来ています。

 

久しぶりの長谷を楽しみました。

 

 
f:id:cassis-cassis:20170623201308j:image


f:id:cassis-cassis:20170623201344j:image

イタリアン

ゴールデンウィークに下の娘と江ノ島に行った時に、見晴らし台の近くにあるイタリアンでランチを食べた。

 

何皿か頼んだんだけど、濃厚なホワイトソースと春キャベツが混ざり合った素晴らしいグラタンを食べて、今になっても思い出されるほど美味しかったのよね。

 

あ〜ぁ、
あのグラタン、もう1回、食べたいなぁ〜

 

と思いながら、GoogleMAPで入った江ノ島のお店の名前を調べていたら、なんと
「イル・キャンティ」
とあるではないか。

 

え?
それってあの、チェーン店のキャンティなの?

と思って調べてみたら、確かにキャンティの支店らしい。

 

キャンティなら家の近くにもあるので、早速グラタンを食べに出かけてみることにした。

 

家の近くのキャンティで出てきたグラタンは、確かに江ノ島で食べたグラタンだったけど、あの時に感じたような至福の美味しさを得ることが出来なかったんですよね。

 

そこで、やっばリ食事ってのは、料理の美味しさも重要だけど、誰とどこで食べるのか?の方が大切なんだなー、って改めて思ったよ。

 

今度は、娘と一緒に食べに来ようと思いましたとさ。

大きく動いた・・・

ここ数年、上位表示したい対象キーワードで、

楽天がずーーっと上位3位ぐらいを占めていたのですが、

グーグルの順位変動により、突然、消えた。

 

いつまた順位変動で戻ってくるのか、わからないけど・・・

 

なんだか、

ずっと何年も曇り空が続いていたのに、突然、日が差してきた時って、きっとこういう気分なんだろうなぁ~、って気分。

 

最近、一進一退が続いていて煮詰まり気味だったので、久しぶりに嬉しい気持ちに包まれています。真面目にやってれば、いいことありますね!

 

わーい。

インターフェイスが変わっていくね

今朝、アドワーズにログインしたら、

セールスフォースで言うところの、いわゆる

「ライトニング」

デザインに、インターフェイスが変わっていた。

 

まだ隅々まで見てはいないんだけど、頭のいい人たちが一生懸命考えながら作りこんだ新しいインターフェイスなんだから、きっと、今までより使いやすくなっているんだと思う。

 

インターフェイスっていろんなサービスで変わっていくけど、

こういうアドワーズなどの広告系とか、SNSインターフェイスが変わってもあまり何とも思わないんだけど、OSのバージョンアップでインターフェイスが変わると、なんだか激しく納得いかない気分になるのは、自分だけなんだろうか?

 

なんで、OSのバージョンアップで操作性が変わると、あんなにイラッとするんだろう・・・

 

いつも使う操作が、どうすればいいのかわならない!

となって、作業が止まるからなのかもしれないね。

 

 

f:id:cassis-cassis:20170501082754j:plain

 

昨日は、商品撮影をしていました。

画像のメイド服は、5月の第3週に発売予定です。

モデルは、フォトクラブモデルのなかさん。

おつかれさまでした。

 

運動

東京に戻ってきてから数日がたち、こちらのペースに慣れてきた。

 

そろそろ運動しなきゃな、と思い、半年前から休会していた上野のスポーツクラブに復帰の手続きをしに、徒歩で上野まで移動する。

 

受付でスポーツクラブのお姉さんが、

「月の途中から復帰の手続きは出来ないの」

との事で、5月から復帰することで手配してもらう。

 

運動しようと思っていたのに、思いがけず時間を持て余してしまったので、上野公園を散歩。

 


f:id:cassis-cassis:20170426143911j:image

 

スポーツクラブの帰りによく寄る、都立美術館の中にある喫茶店でボンヤリ・・・

 


f:id:cassis-cassis:20170426144033j:image

 

喫茶店の名前が

Cafe Art

という、つまらない名前に変わっていた。

 

喫茶店では、大量のオバサマ方がピーチクパーチクと世間話に花を咲かせている。一人一人の音量はそれほど大きくないのだが、50人ほどのオバサマ方が一斉に自分の事を必死に話しているので、雑音に交響曲のような不思議なハーモニーみたいな独特の奥行を感じる。

 

さっきから、変わる前の喫茶店の名前を思い出そうとしているのだが、どうしても思い出せない。

 

確か漢字一文字だった。

 

 

とか、

 

 

とか、そんな名前。

 

私の前に座った60代のオバサマふたり連れがカレーを食べながら、ヒソヒソとグチを言い合っている。メガネの奥にある瞳が輝いてみえてしまうのは、気のせいだろうか。

 

窓の外に目を向けると、木立が風に吹かれて大きく揺れている。

木立の向こう側に、低い雲が早く動いているのが見える。

 

これから雨が降るのかもしれないな、と、ふと思った・・・